2021年4月1日以降のAHQ隔離期間が最低10日間に短縮

0
90
注意
2021年5月1日より、再度、新型コロナウィルスによるタイへの入国制限の内、隔離期間は最低14日間へと戻されました

2021年4月1日より、新型コロナウィルスによるタイへの入国制限の条件が一部緩和されました。

  1. タイ国内における隔離期間が短縮。 ⇒ 今まで入国から最低14日間の隔離が必要でしたが、2021年4月1日以降は最低10日間の隔離へと大幅軽減されました(特定の新型コロナウィルスワクチンの2回摂接種を完了し、ワクチン接種証明書を提示できる方は最低7日間の隔離)。 ただし、AHQを利用した医療機関での入院期間が10日間で済むという意味ではありませんので、予めご承知ください(手術先や手術内容によって異なります)。
  2. 搭乗可能健康証明書(Fit-to-Fly診断書)の提示が不要に。 ⇒ 今まで、タイに入国の際は渡航便出発の72時間以内に発行されたRT-PCR検査結果とFit-to-Fly診断書の提示が必要でしたが、このうち「Fit-to-Fly診断書」のみタイ入国時の提示が不要になりました。

隔離期間や渡航前PCR検査の詳細については、個別に弊社までお問い合わせ下さい。

コメントを書く

コメントを入力してください!
名前を入力

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください