ここがポイント!
  • タイでの手術は最短でも2020年6月末まで受ける事ができません。
  • 2020年7月以降も、タイでの手術日に制限があるか、タイへの渡航に追加書類が必要となる可能性があります。
  • 既に手術予約済のお客様は、タイSRSガイドセンターからの個別連絡をお待ち下さい。
  • 今から手術予約されるお客様は、2020年9月以降の手術予約をお勧めしています。

新型コロナウィルス感染拡大により、2020年3月26日より観光客はタイへ入国する事ができなくなりました(参考)。これは手術を目的として渡航される方も同様です。

3月25日以前は、新型コロナウィルスに対するPCR検査が陰性である事を示す英文診断書(原本)と、100万米ドル以上の治療補償のある民間健康保の英文険証書(原本)を持参していれば、日本側での航空券発券と、タイでの入国審査を通過することができましたが、今回の条件強化で道が絶たれた形となります。

また、タイ航空では2020年3月28日を最後に、2020年5月末まで日本とタイを結ぶ飛行機全便の運休を決定しました。JAL便やANA便は2020年4月1日以降、羽田空港=スワンナプーム空港の便を1日1-2便のみ運行する様ですが、前述の制限によりタイへの渡航はほぼ不可能な状態です。

2020年4月13日更新
4月25日〜5月15日はANAは毎日1往復、5月1日〜31日はJALは週2往復となります。
2020年4月27日更新
タイ政府は4月27日、タイへの旅客機の着陸禁止を5月末まで延長することを決めました。
2020年5月16日更新
タイ政府は5月16日、タイへの旅客機の着陸禁止を6月末まで延長することを決めました。

2020年4月および5月に渡航予定のお客様には、既にメールやLINE通話でご案内させて頂いた通りとなります。 2020年6月以降に渡航予定のお客様は、2020年3月28日現在では手術日や渡航予定に変更はありませんが、渡航1ヶ月前頃の新型コロナウィルスに対する各航空会社およびタイ政府の対応状況により個別にご案内させて頂く予定です。

また、2020年3月28日午前0時以降にタイから日本に帰国する方は、日本政府により入国後14日間自宅などでの隔離が要請されます(参考)。

2020年4月3日更新
2020年4月3日0時以降にタイ・マレーシアから日本に帰国する方は、日本政府によりPCR検査が行われ、入国後14日間自宅などでの隔離が要請されます。

日本の空港に到着後は自家用車やレンタカーなど公共交通機関以外で帰宅する必要があり、公共交通機関しか選択肢がない場合は日本政府指定の空港近辺の宿泊施設で隔離(宿泊費用は自己負担)となります。帰国後は日本政府の要請に従い行動するようにお願いいたします。

さらに、2020年3月28日、ガモン病院では2020年4月1日〜30日までの間、手術を実施しないことを決定*しました。ただし、入院やアフターケアなどは通常通り行われる事となっています。

2020年4月30日更新
ガモン病院ではタイ政府の発表を受けて、5月4日から業務を再開する事を決定しました。

スポーンクリニックでは2020年5月末まで修正手術を含めた全ての手術を実施しないことを決定*しています。

2020年4月13日更新
スポーンクリニックでは今後追加の発表があるまで、修正手術を含めた全ての手術を休止することを決定*しています。

ヨーサガンクリニックでは2020年4月末までクリニックを休業することを決定*しています。

※これらの決定は今後のタイ政府の対応により変更となる可能性があります。

既に渡航済の方、および今後渡航予定の方は、最新情報をご案内するタイSRSガイドセンターのTwitterをフォロー頂けますと幸いです。

また、既に渡航済の方には、今後日本政府や日本大使館の支援を受ける必要が生じる可能性があるため、日本政府提供の「たびレジ」への登録をお願いしています。

今から手術予約を希望されるお客様は、2020年8月以降の手術日でのご予約をお願いしております。

2020年5月21日更新
今から手術予約を希望されるお客様は、2020年9月以降の手術日でのご予約をお願いしております。

新型コロナウィルスは今後深刻化が予想されていますので、常に正しい情報を入手するよう、お願い申し上げます。

ご不明な点などありましたら、ご遠慮なくタイSRSガイドセンターまでお問い合わせください。

コメントを書く

コメントを入力してください!
名前を入力

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください