双子として生まれた男の子は、女の子としてバレリーナを目指した。家族が明かす、その決意と半生。

一方、この新聞取材を受けたことをきっかけに、ノーラは、勇気を奮い立たせ、公にも女性としてふるまうようになった。外では男の子、内では女の子という二重生活に自ら終止符を打ったのだ。
だが、苦難はそのすぐ後に訪れた。思春期に入ると、同校では男女別々にレッスンすることになっていた。
運悪く、このタイミングで、ノーラに理解のあった校長が退任し、ロシア人の新校長が着任すると、学校の対応は豹変した。登校拒否に陥ったノーラは実家に戻る。

社会という大きな話ではなく、周りの大人の対応がとても重要であることが、この話で分かると思います。

お気軽にコメントや感想をどうぞ ↓

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください