お客様
ガモン病院のS字結腸法(腹腔鏡)を受けた人(日本人)は何名でしょうか。
JWC加地
ガモン病院では国籍と手術内容の患者データ統計を行っていませんが、ガモン病院での腹腔鏡でのS字結腸法は2013年から開始ですので、私達の推測では少なく見積もっても2017年末現在で100名以上は居ると思われます。

傷や手術時の画像でしたら、お目にかけられる物がありますので、個別相談会にてお見せしています。

お客様
アテンドした人は何名ですか。
JWC加地
私達のお客様としては、2013年から2017年末現在で約10名です。
お客様
腹腔鏡S字結腸法について、トラブルがあった事例は存在しますか。その詳細を教えてください。S字結腸法に共通することであれば開腹法でのトラブルも教えていただけませんか。
JWC加地
ありますし、私(加地)自身の実体験でも有りますが、極めて稀なケースです。詳細については個別相談会でお話ししています。
お客様
担当する腹腔鏡の医師の実績について教えてください。
JWC加地
腹腔鏡担当の医師の名前はKasidin医師です(2018年4月現在)。

タイでは、一人の医師が複数の病院で働いている事が一般的ですが、それぞれの病院との契約により、医師が他にどの病院で働いているかは公開できない事になっています。
これはガモン病院でも例外はありません。

その為、Kasidin医師の詳細な実績については公開できないのですが、Kasidin医師はタイ国王の病院での長年の勤務実績があり、ガモン医師が最も信頼できると判断した有名な医師となりますので、ご安心ください。
ガモン医師は大変な安全志向ですので、ガモン医師が実績に信用がないと判断した医師は、ガモン病院では執刀していません

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイSRSガイドセンター公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事