お客様
MtFですが、帰国後のダイレーションはどんな感じになりますか?

タイSRSガイドセンターをご利用の方には、帰国前にダイレーションのコツを紹介するケアブックをお渡ししています。

まず、ダイレーションは「帰国後3ヵ月以内にダイレーター5番まで達すること」という、執刀医からの約束があります。

この約束を守っていれば、あとはマイペースでダイレーションを進めても問題ありません。通常は、7〜10日ごとにサイズアップ(次の大きさのダイレーターを使う)する事になります。
サイズアップが難しければ、今のサイズのダイレーターを続けて使用するか、30分ほど今のサイズのダイレーターを使ってからサイズアップすると楽です。

ここで、ガモン病院から貰えるダイレーターを見てみましょう。写真の一番右端の物が、退院後に使用するダイレーターです。

写真で見ると何気ないですが、実物を見ると、5番のダイレーターはかなり大きく見えるでしょう。

ダイレーションをサボった結果、ダイレーターが入らなくなったり、膣が癒着してしまった場合は、全て自己責任となります。ダイレーションと仕事との両立は難しいかもしれませんが、この事を言い聞かせて、頑張りましょう。

そんなダイレーションを進める中で、生じるのがこんな質問です…。


お客様
病院から貰ったダイレーターは硬くて痛いので、柔らかい留置式ダイレーターか、シリコン製のオモチャで代用しても良いですか?

残念ながら、答えは「NO」です。
ダイレーターが硬いのには理由があるからです。

ダイレーションとは、皮膚を広げて拡張するという目的があります。ダイレーターが硬くなければ収縮する皮膚にダイレーターが負けてしまいます。
ただし、ダイレーションとダイレーションの間のつなぎに留置式ダイレーターを利用する事は、ダイレーション時の痛みの軽減に有効でしょう。

かといって、皮膚を拡張しようと非常に強い力で引っ張ったり、大きすぎるオモチャを利用する事は危険ですので、お止めください。
安全かつ効果的にダイレーションを行う様に、お願いいたします。

お気軽にコメントや感想をどうぞ ↓

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください