FtMの方で、内摘(子宮卵巣摘出手術)を受ける方は、手術後の滞在期間中、そして帰国後の生活に以下の注意点があります。

手術後の滞在期間中:

  • 術後(特に退院後)は、手術日より計算して最低5日間は遠出の観光(MBKやサイアムなどのバンコク中心部など、1日がかりの観光)は、控えてください。
  • 腹腔鏡や経膣で内摘を受けた方は、特に術後に動きすぎる(歩きすぎる)と、膣内の傷から多量出血の恐れがあります。
  • 日本国内での手術でも、術後平均1週間〜2週間程度の自宅療養が指示される様ですので、それと同一と考えてください。

帰国後の生活:

  • 術後から最低1ヵ月は、温泉やプール、海などでの入浴や水泳は控えてください。
  • 術後から最低1ヵ月は、5kg以上の重量物を持ち上げたり、持ち歩いたりすることは控えてください(膣内の傷から多量出血の恐れがあります)。

内摘の場合は、痛みが少なく身体が元気でも、身体の中ではかなりの負担(手術の影響)がかかっています。
観光に行きたくなる気持ちは分かりますが、抑えて(宿泊施設付近の散歩にとどめて)、退院後も十分な療養を取って下さい。

特に、パートナーと一緒に渡航していると、パートナーに遠慮して、パートナーの観光に無理に合わせてしまう事が多くなります。パートナーがアクティブで観光好きな方なら、一緒の渡航は考え直した方が良いでしょう。

私達スタッフの注意に従わずに観光に行き、行き先で緊急事態(膣内の傷から多量出血し、付近の病院に緊急搬送など)となった場合の費用や責任は一切負えません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイSRSガイドセンター公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事