geralt / Pixabay

タバコはさまざまな病気の原因に

うつ病はタバコを吸うと3倍なりやすい!

うつ病は、気持ちが落ち込んで元気がなくなり、意欲を失ってしまう心の病気です。うつ病になる人は年々増加の一途をたどっており、今や社会問題となっています。

そのうつ病が、タバコと深い関係にあることがわかっています。
明確な機序はわかっていませんが、ニコチンによって、脳からドーパミンが放出されて快感を得られるものの、繰り返していくうちに作用が薄れて、うつ症状が起こりやすくなると考えられています。
タバコを吸う人がうつ病になるリスクは、吸わない人よりも約3倍高いといわれています。また、うつ症状の発症リスクをみた調査では、タバコを吸わない人と比較して、タバコを吸う人のリスクは1.65倍に高まります。

しかし、禁煙すれば、そのリスクはタバコを吸わない人と同じレベルにまで下げることができることもわかっています。

うつ病は、重症化すると普段の日常生活を送ることができなくなるので注意しましょう。

Breslau, N. et al.:Behav Genet 25(2):95, 1995
Nakata, A. et al.:Prev Med 46(5):451, 2008

うつ症状の生じやすさ※1

うつ症状の生じやすさ
  • ※1 the Center for Epidemiologic Studies Depression(CES-D) 抗うつ尺度で16点以上

詳しくは ⇨ http://sugu-kinen.jp/harm/disease/depression.html


手術前の準備あれこれ

エラー: ビュー 6f40a58u56 が存在しません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイSRSガイドセンター公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事