LGBT法連合会では主要政党と候補者に、選挙アンケートを行い、結果を公表しました。LGBT (性的指向・性自認)をめぐる様々な課題に関する政策・考え方を尋ねています。

性同一性障害特例法の改正についても、政党向けアンケートの「問5」では、年齢要件の引き下げ、子なし要件の削除、手術要件の削除、結婚していない要件の削除、について個別に意見を尋ねました。自民、公明、共産、社民、立憲民主、希望の各党から寄せられた回答を掲載しています。

ぜひご覧ください。拡散も歓迎いたします。

【公表1・候補者】H29 衆院選 LGBTをめぐる課題の政策と考え方の調査結果(10/19時点)
http://lgbtetc.jp/news/753/

【公表2・政党】平成29年 衆院選 LGBTをめぐる課題の政策と考え方の調査結果(確定版:10/18 付け)
http://lgbtetc.jp/news/773/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイSRSガイドセンター公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事