ホルモン投与を停止する事で、血栓のリスクを減らす事が出来ます。錠剤は2週間前、注射の場合は4週間前に中止して下さい。

手術のリスク回避と術後のキズの回復を妨げないために必ずホルモン治療や常用薬は一時服用中断してください(アスピリンも止めてください)。

手術前に一時服用中断の必要のある主なホルモン剤や常用薬は以下の通りです。

  • 卵胞ホルモン製剤(エストラジオール、結合型エストロゲンなど):血液凝固作用が促進され、血管系副作用(血栓症など)の危険性が高くなる恐れがあるため。
  • 黄体ホルモン製剤(プロゲステロンなど): 血栓症のリスクがあるため。
  • アスピリン(アスピリンなど):血小板の作用を妨げる(血が固まりにくくなる)ため。
  • 男性ホルモン剤(テストステロンなど):傷の治りを遅くし、静脈血栓症のリスクを高める恐れがあるため。
  • 解熱鎮痛消炎剤(イブプロフェンなど):出血を促す効果があるため。
  • 抗凝固薬(ワルファリンカリウムなど):血液凝固を妨げる効果があるため。
  • サプリメント(ビタミンE、イチョウ葉エキス、セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)、EPA/DHA(エイコサペンタエン酸/ドコサヘキサエン酸)、レスベラトロール、ガーリック(ニンニク)、朝鮮人参、ジンジャー(生姜)、カバ、エフェドラ、フィーバーフュー、バレリアン、エキナケア、ノコギリヤシ、アロエなど):予期せぬ出血や血腫のリスク、抗血栓作用や他の薬剤の効果を増強又は減弱させる作用などがあるため。

スピノラクトンは個人差がありますが、もし中止しても深刻な症状が出ないようなら止めてください。

上記以外の薬剤・サプリメントについても、血小板の働きを抑制したり血液凝固を妨げる、逆に血液凝固を促す効果のある場合は中止してください。判断が難しい場合は事前にタイSRSガイドセンターまで告知頂き、該当の薬剤を処方した医師・薬剤師、またはサプリメントの製造元まで術前中止の必要があるかどうか確認してください。

その他、飲酒や喫煙についても出血に関する副作用に危険性があるため、術前2週間前までに一時中断してください。

特に、ホルモン剤については一時中断に抵抗感のある方が大半かと思いますが、ホルモン剤を一時中断する事による影響よりも、ホルモン剤を継続服用することによる影響(生死に関わる影響)の方が大きいため、ご理解のほどお願いいたします。

参考文献:http://www2.hosp.med.tottori-u.ac.jp/departments/establishment/pharmaceutical/renkei/20189.html

http://www.hsp.ehime-u.ac.jp/medicine/wp-content/uploads/DINEWS20170701.pdf

茜(あかね)の無料相談室

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイSRSガイドセンター公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事