SRS陰嚢皮膚移植法の手術後入院中のお客様とのLINEでのやり取り

JWC
痛みも少なく、食事も取れていると聞いていますが、体調はいかがでしょうか?

お客様
体調はいい感じです。
痛みは動いてももうほとんどないです。食事も三食取れてて、血圧も安定してます。明日歩けるようになるので楽しみです。

JWC
事前に想像していたイメージと大きな違いはありますか?

お客様
感覚がはっきりあるのに驚きました。自分の身体の一部として感覚があるので安心しました。正直想像できなかったので。

痛みとかももっと傷っぽく感じるのかと思ったのですが、糸の突っ張り感ぐらいで不安が少ないです。よくわからない痛みはないので安心しました。


JWC
そうですね。

やはり手術をして初めて分かることもありますね。
他の方の手術体験リポートを読んでも感覚の違いからか、そのような感想を聞いた事はありませんでした。


お客様
そうなんですか?別物に感じるのでしょうか?

なんとなく、しっくりくる気がしてます。感覚の配置なんかは多少違う感じでも、皮膚感覚はそのものとしてあるみたいな感じで。もう少し感覚が鈍くなると予想してました。
実際は最初の腫れにはちょっと驚いたのですが。消毒の際なんかになんとなく感覚掴んでいって、慣れつつあるのかもしれないですね。

人それぞれかかとは思いますが、術後のイメージはなかなか伝えにくいものです。
今回お客様の許可を得てLINEでやり取りした一部を公開することで、術後のイメージづくりに少しでも役立つことを願っています。

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超

お問い合わせ(無料)フォーム

お気軽にコメントや感想をどうぞ ↓

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP