出典:http://www.fxtrade-lab.com/

弊社はタイ・バンコクにある会社(法人登記した)ですので、為替には無関心ではいられません。

日本人のお客様の大半は「」の意味を理解できない人が多いと思います。
日常生活ではあまり「」を意識することがない事や「」が言葉と意味が、まるで逆だからでしょう。

「レートが下がった」というのに「円高」と表現され、「レートが上がった」というのに「円安」と表現されるからです。

知っていてもコントロールができないので、厄介です。
せいぜいなるべく支払い時の円が少なくなるように回避できると良いのですが、100%回避できる方法はないので、困りますね。

自分が予約した段階の円料金で精算したとお考えの人は国際送金(海外送金)をお勧めします。

楽天銀行/送金時に必要な情報⇒ マイナンバーは必須

http://www.rakuten-bank.co.jp/geo/remittance/service/#anchor-04

お手続きは24時間ネットで完結

送金手続は、24時間ネットで完結します。初回送金時に受取人さまの情報を登録しておけば、2回目からは簡単な手続で送金できます。(※当行で送金内容を確認させていただく場合があります)なお、送金できる金額には下記の上限があります。

送金限度額

  対象期間 ※ 送金限度額
1回   1,000,000円
1日 毎日0:00~24:00 1,000,000円
1ヶ月 毎月1日~末日 2,000,000円
1年 毎年1月1日~12月31日 5,000,000円

2016年1月以降、海外送金取引のご利用には、マイナンバーのご提供が必要です。
※お申込日が2015年12月31日以前でも、ご契約日が2016年1月1日以降となった場合は、個人番号(マイナンバー)に関する書類の提出についてご連絡をさせていただきます。

マイナンバーを登録して送金できるまで7~10日間かかるそうです。

楽天銀行はお勧めですが、100万円以内なら都市銀行に比べて手数料が安いのでが、100~200万円の送金が必要な場合は2度に分けて送金すると都市銀行と比べて手数料の有利性がなくなくなってしまいますが、「銀行に行かなくても送金できるメリットは大きい」と思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイSRSガイドセンター公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事