難治性アレルギー発症の仕組み解明 千葉大研究グループ

アレルギー疾患の発症の仕組み
ぜんそくなど難治性アレルギー疾患の発症の鍵となるたんぱく質を見つけ、発症の仕組みを解明したと千葉大の研究グループが発表した。発症を抑える治療薬の開発につなげたいとしている。論文が16日付米学術誌サイエンス・イムノロジー(電子版)に掲載された。

この記事の続きは下記のURLからご参照下さい。

http://news.livedoor.com/article/detail/12029957/

これで喘息の持病のために「全身麻酔」で手術できない患者も手術できる道が開けることに期待が持てそうですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイSRSガイドセンター公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事