【gid.jp 5月 東京交流会開催のおしらせ】
~ 性同一性障害当事者とその専門的援助が目指す未来 ~
―GID(性同一性障害)学会 第17回研究大会 再考―
【演者】
西野明樹(臨床心理士・心理学博士、帝京大学心理臨床センター 非常勤相談員)
山本 蘭(一般社団法人gid.jp 代表)
世界的に有名な精神障害の診断マニュアル(DSM)が「Gender Identity
Disorder(GID、性同一性障害)」を「Gender Dysphoria(GD、性別違和)」と改
編してから、はや2年が経ちました。
本年3月に大阪で開催されたGID学会 第17回研究大会では『トランスジェンダーの
健康と権利』をテーマに、「脱精神疾患化」や「脱病理化」に関する発表やシン
ポジウムも行われましたが、まだまだ日本では議論にすらなっていません。
今回の交流会では、この研究大会で展開された議論を、西野さん(臨床心理士、
FTM当事者)が解説付きでご報告いたします。
代表の山本蘭との対談、西野さんのご自身の研究成果発表(「性別違和を有する
者の心理的成長」)も予定しています。質疑応答の時間も十分に設けさせていた
だきます。
大会にご参加された方も参加叶わなかった方も、当事者も支援者も、この機会に
しか味わえない学びをともにしましょう。
ぜひ、ご参加ください。
【日時】
2015年 5月 30日(土)
13時~17時 (開場12時30分)
※ 終了は延長になる場合がございます。
【会場】
東京都内の公共会館
※ 参加申込いただきますと、詳しい案内をお送り致します。
【参加費】
gid.jp 会員  500円 (会員のご家族・パートナーも含む)
一般    1,000円
高校生以下(同等年齢含む) 無料
(学生証か年齢を確認できる公的証明書をご提示ください)
【参加申込】
参加される方のお名前(通称可)と、参加人数をお書きになり、
meeting-tokyoあっとまーくgid.jp までお申し込みください。
※ 携帯メールをご利用の方は、gid.jpからの メールを受取許可に設定してくだ
さい。
※ Yahoo!やhotmailなどのフリーメールをご利用の方は、迷惑メールに仕分けさ
れてしまうことがありますので、ご注意ください。
【懇親会】
交流会終了後、会場を変えて懇親会を行います。
参加費用は、別途3000円になります。
場所は、当日ご案内いたします。
参加ご希望の場合は交流会の申し込み時に必ず明記くださいますようお願いいた
します。
懇親会だけの参加も可能ですので、お問い合わせください。
【参加対象】
性同一性障害当事者の方、ご自分の性別に違和感のある方、性別について悩んで
いる方、およびそのご家族性別違和感のある方、そのご家族、ご友人の方、支援
者の方、研究者の方など性同一性障害に理解のある方であればどなたでもご参加
いただけます。
また、性同一性障害に関して相談したい方、gid.jpの活動に興味のある方なども
どうぞご参加ください。 初めての方でも、歓迎致します。
※ 取材や研究目的の方は、必ず事前にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイSRSガイドセンター公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事