赤ちゃんが生まれてくると、女の子にはピンク、男の子にはブルー、性別がわからない場合には黄色の服や小物などが贈られる。この傾向は日本のみならず欧米などでも共通だ。

 でもどうしてそうなっているのだろうと不思議に思ったことはないだろうか? どうして男の子はブルー、女の子はピンクが好きなのか? これは遺伝子として組み込まれている性差によるものだろうか?それとも後天的に植えつけられた文化的現象なのか?

続きは→:http://karapaia.com/archives/52146075.html

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイSRSガイドセンター公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事