【大使館からのお知らせ】
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
          タイ国内における犯罪傾向と注意喚起(2014年8月22日現在)
1 在タイ日本国大使館では,最近,邦人観光客の皆様が,いわゆる「見せ金詐欺」と「抱きつきスリ団」
の被害に遭う事件が増えていることから,タイ国家警察観光警察(通称・ツーリストポリス)に申し入れを行いましたところ,
同ツーリストポリスより,「最近,タイ国内において,外国人旅行者等が,犯罪被害に遭うケースが目立つ。」
との情報提供がありました。今回,代表的な犯罪の一部を,紹介しますので,タイ滞在(旅行)にあたっての,
参考にして頂き,犯罪被害に遭わないよう御注意下さい。
2 犯罪の傾向と対策
(1)見せ金詐欺(窃盗)グループ
   スクンビットエリアを中心に発生している「見せ金詐欺」は,親子連れ(を装った)パキスタン系犯罪グループによる犯罪です。
   犯人は,親日派であることを言葉巧みにまくし立て,被害者から財布(日本円)を提示させ,金銭を抜き取ります。
   不審な人物から,財布等の提示を求められても,応じないようにしてください。
(2)抱きつきスリ団
   夜間,バンコク都内ナナ地区からアソーク地区の路上で,「抱きつきスリ団」による被害が発生しています。この犯罪は,
   歩いている被害者に対して,まず,女装した犯人が,近付き,前方を塞いだり,抱きついたりします。すると,別の犯人2名が現れ,
   被害者の両側から腕を羽交い締めにして,動きを封じ込めます。そして,別の犯人が,財布等を抜き取ります。
   「ボディバック」を所持する観光客が,犯罪被害に遭う傾向がありますので,ご注意ください。
(3)国境及び地方で発生する犯罪
   国境及び地方で発生する窃盗犯人は,銃や刃物で武装しており,警察からの逮捕を免れるために,躊躇無く,
   被害者を傷付けるという犯罪を敢行します。地方,特に国境周辺等に行かれる場合には,知人に行き先を告げる等するともに,
   夜間,一人での行動を控えて下さい。
3 在タイ日本国大使館では,今後も,皆様が,安心してタイで生活,旅行できるように,ツーリストポリスと協力を行っていきます。
  犯罪被害及びトラブルに遭った際には,ツーリストポリス,警察署,,チェンマイ総領事館に連絡して,
  必要な手続きに関してお問い合わせください。
【参考】ツーリストポリスホームページ
http://www.thailandtouristpolice.com/index.php
(問い合わせ先)在タイ日本国大使館  
電話:(66-2)207-8502,696-3002 FAX :(66-2)207-8511

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイSRSガイドセンター公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事