食物アレルギーから起こる劇症型のアレルギー「アナフィラキシーショック」で危険な状態にならないように自分自身で予防することが大切です。

アナフィラキシーショックの原因は未消化タンパク質が原因の一つです。
また、痒みなどの自覚症状があれば食物アレルギーに気が付きますが、頭痛やめまいそしてイライラなどの食物アレルギーとは無関係に思える症状が食物アレルギーが原因で起こっていることがわかっています。

予防対策をしましょう。
予防対策 1. よく噛んで食べる ⇒ 未消化タンパク質発生を防ぐ
予防対策 2. 食事2時間以内の運動は避ける ⇒ 消化器官の機能低下を防ぎ未消化タンパク質の吸収を防ぐ
予防対策 3. 腸内の悪玉菌の増加を防ぐ ⇒ 食物繊維を摂取して悪玉菌を排除する
最近野菜を取らない人や増えているようですが、自分自身を守るため意識して食物繊維の多い食べ物(伝統的な日本料理など)を摂取するようにしたいものです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイSRSガイドセンター公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事