タイ洪水のニュースに関して日本のニュースに見える行き過ぎた表現

タイ洪水のニュースに関して日本のニュースメディアに見える行き過ぎた表現に関して一言書かせて下さい。

現実と違う正しくないと思う表現 ⇒ 政府や首都行政当局は厳重な警戒を市民に呼び掛けた。
現実に合った表現 ⇒ 政府や首都行政当局は十分な警戒を市民に呼び掛けた。

バンコク水没とか厳重、厳戒態勢とか・・・いくら何でもオーバーです。メディアが市民を煽っているとしか思えません。
もちろん浸水は生活に支障が出ますが、厳重とか厳戒態勢とかはあり得ません。
恐らくタイに進出している企業や工場の被害が大きいので、オーバーになってしまっているのかなと思います。
弊社周辺は至って静かです。(笑)
今日から状況が落ち着くまで、タイに渡航されるお客様には毎日現状をメールでお知らせ致します。

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超

お問い合わせ(無料)フォーム

1件の返信

  1. より:

    連日のニュースでも、連続爆発してた頃の福島第一原発のような感じで報道されてますね。
    避難で帰国した日本人のインタビューとか、いつ戻れるか判らないのでもう子供は日本に転校とか、このままタイは壊滅して地球上から消える?的な。
    そのわりにニュース映像のタイ人は、困ったもんだ…程度の顔で、悲壮感なく映ってますけど(笑)。

お気軽にコメントや感想をどうぞ ↓

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP