FAQ: ホルモン投与期間が長いほど、クリトリスの肥大化は見込まれますか?

【 ご質問 】【 ご質問 】
1.ホルモン投与期間が長いほど、クリトリスの肥大化は見込まれますか?

2.また、ミニペニス形成手術をすることによって、肥大化する可能性は低くなりますか?
(例えば・・・同一人物が、ミニペニス形成手術をせずに5年間ホルモン投与をした場合の肥大化と、②ホルモン投与2年後に手術をしてその後ホルモン投与のペースを変更せず3年経過した場合の肥大化に、違いは考えられますか?)

3.ミニペニス形成によって、長さや太さに変化はありますか?(友人からは、多少太くなったと聞きました)

【 回答 】【 回答 】
1. ホルモン投与期間が長いほど、肥大化すると認識していますが、期間と大きさが完全に比例して無制限に大きくなるということもありません。

2. ミニペニス形成後も引き続き肥大化することもあると聞いています。しかし、きちんとした研究資料がないためどのようにしたら一番肥大化するかなど明確なことは現段階では明言することはできません。

3. ミニペニス形成後に刺激を与え続けることにが肥大化へ貢献するとの話も聞いていますので、ホルモン治療をするだけよりは、ミニペニス形成してホルモン治療+ポッピングなどを併用するのが効果的であるとご理解いただいていいと思います。

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超

お問い合わせ(無料)フォーム

お気軽にコメントや感想をどうぞ ↓

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP