【 ご質問 】

ガモン先生のSRS(性別適合手術) の特徴として、「プリチャー・テクニックを改良したガモン・スタイルを確立。」とありますが、一般的な方法とどういうふうに違うのか教えて欲しいです。

  【 回答 】

1950年代からあるスタンダードテクニックはペニス(陰茎)反転法です。
このテクニックかの進化系として陰嚢皮膚移植法があります。
膣を作る素材を陰茎包皮に頼るのがペニス(陰茎)反転法あり、陰茎の長さが膣の深さとな
るためもともと陰茎の長さが不十分なアジア人には問題が多い方法でした。

その後、睾丸の入った陰嚢を反転させて裏側から毛根層を切除した皮膚を反転させたも
のを膣にする方法へと進化して、この問題をある程度解決しました。

ガモン・テクニックはこの陰嚢反転法と共に切開口を目立たなくするために内側に折り
込むように切開して小陰唇などを形成させることで傷口の目立たないガモン・テクニッ
クを開発しています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイSRSガイドセンター公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事