尼僧界の重鎮、村瀬明道尼。
貧しい時代にわずか9歳で仏門の世界へ・・・事故で半身不随になるなど、
波乱に満ちた人生を歩みながら、様々な金言を世に伝えている。
その心に染み入るいくつかを・・・
「愛とは命懸けで相手を思うこと その覚悟なしに愛を語るはまがい物」
「生きている事が何よりも尊い どれほど不自由で不幸せでも人生は尊い」
「人間は一人で生まれ 一人で死ぬ やがて来るその時まで 人生を楽しむべし」
「不自由を嘆くより自由を得ていく喜びを知る それが一生を明るく照らす道である」
「人の世に 五体満足に生まれた以上の幸福は無い」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイSRSガイドセンター公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事