タイのSRS関連のGID診断書に関する法令の原本を公開!

タイのSRS関連のGID診断書に関する法令の原本を公開します。

      医師協会からの規制通達01                     医師協会からの規制通達02

医師協会からの規制通達01医師協会からの規制通達02
           医師協会からの規制通達03                                 医師協会からの規制通達04
医師協会からの規制通達03医師協会からの規制通達04
特に重要なのは医師協会からの規制通達02にある以下の文章です。
5.性転換の処置を施すにあたり、指摘項目があった場合、患者は必ず少なくとも2名以上の精神科医から認可を得なければならない。
患者が外国人であった場合、性転換の手術前に外国人精神科医より認証を受け、更に少なくともタイ人精神科医1名より評価を受けなければならない。
少なくてもガモン・クリニックとスポーン・クリニックはすでに対応していますが、ヤンヒー病院は何故か対応をまだ保留中です。

読み込み中

クリックでキャンセルします

画像が存在しません

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超

お問い合わせ(無料)フォーム

お気軽にコメントや感想をどうぞ ↓

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP