通訳のレベル~FTMの掲示板より

FTM関連の掲示板でとても参考になる記事を見つけたので、ご紹介します。

>海外でSRS希望の方で、通訳の方と同行する場合、気をつけてほしいことがあります。
>
> 1)SRSの知識もない方の同行はノーグッド!英語や現地語が堪能であっても、適当に通訳されることがあり、患者側の要望がなかなか伝えられないケースが多いです。また、事故等の発生で、医者側につくケースも多いです。どの国の医者も、一般論になってしまいますが、自分のマイナス面をいわない傾向がありますので、直接、患者に何が起こったのかが通訳がいても、わからない状況に置かれます。正直な医師もいらっしゃると思いますが。
>
>中略
>
> 4)ちゃんと、通訳してくれる通訳さんと出会ってください。苦情や医師への質問等、尋ねたことに答えられる方を手配して下さい。いいかげんな方多いです。

 

この方が言及してる通訳者に関して上記の要望に答えられるレベルを持っているのはどこでしょうか?
現地のSRSの知識のない旅行代理店がアテンド代行して通訳したり、現地の日本語のできるタイ人(敬語も使えない、SRSの知識もない)を雇ってのつたない日本語で通訳されていたりするケースが多いと聞いてます。

誰が通訳するのか名前を聞いて、通訳者のレベルを確認することをお勧めします。
数あるSRS手術をアテンド業務をしているところで、まともな通訳者のいるところは・・・・どこでしょうか?

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超

お問い合わせ(無料)フォーム

お気軽にコメントや感想をどうぞ ↓

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP