サイトに書いてある「ビジネスビザと労働許可書」ってなんですか?

タイでは(外国では)外国人はタイに会社を設立して、ビジネスビザと労働許可書がないと働けません。
しかし、インターネットの世界ではタイに会社を作らず、タイでビジネスをしている個人あるいは日本にある会社がたくさん存在します。
これは違法行為です

違法行為をしていて「安心して下さい。」などと書いているサイトは無知または確信犯です。

日本の会社がアテンドしていて、日本人が来て患者を世話しているのに労働許可をとっていない場合も違法です。数日でもダメなのです。この点を甘く見ている会社が非常に多いです。

また、サイトに会社案内や楷書の所在地が書いてないサイトは危ないです。一度電話してみるのも良い方法です。

くれぐれも、ご自分できちんと確認してからご注文やサービスをご依頼ください。
この点、当社はタイで会社として登録した法人格であり、日本からお客様を連れてくるだけで、こちらで会社を持っていない個人や会社とは違います。
このような業者はタイ政府に税金も納めていませんし、一種の違法行為(不法就労)であると認識しています。
タイでは外国人がたった1日働く場合でも労働許可証は必要なのです。このような違法行為している業者には十分お気をつけ下さい。
詳しくは会社案内をご参照ください。

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超

お問い合わせ(無料)フォーム

お気軽にコメントや感想をどうぞ ↓

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP