タイのクーデターに関して知って欲しい事

タイではクーデターは単なる政権交代です。
「クーデター」や「厳戒令」の言葉の意味が日本とタイでは違うといってもいいくらいです。

日本及び日本人記者はクーデターに対して過剰に反応している感じがします。
タイ及びバンコクは普通の日常が営まれています。当然、医療機関も正常に動いていますので、SRSも問題ありません。
SRSを含め全ての事例でそうですが、ニュースソースは複数取らないと間違う可能性があります。
ちなみに私がお勧めな情報ソースは「タイと日本のはざまでいつになったら日本へ帰れるんだろう・・・そんな男の独り言」です。

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超

お問い合わせ(無料)フォーム

お気軽にコメントや感想をどうぞ ↓

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP