タイの個人クリニックを主に提携先にしている関係で、クリニックにたびたびお邪魔するのですが、いつも感じるのはクリニックを仕切る奥様の存在です。
スポーン・クリニックなら「オイさん」
ガモン・クリニックなら「オームさん」
ピチェート・クリニックなら「ジヤップさん」
どの奥様も特徴があり、この奥様の存在がなくてはクリニックが立ち行かないだろうと思わせる方々ばかりです。
我がTSGC(タイSRSガイドセンター)にも「エーオ」が妻として加わり、より力がついてくることを願っている今日この頃です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイSRSガイドセンター公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事