HIV陽性でのSRSの可否はどの様になっていますか?

hiv, aids, virus

【 ご質問 】

スポーン先生、ガモン先生のHIV陽性でのSRS(性別適合手術)の可否はどの様になっていますか?

【 回答 】

・スポーン・クリニック

HIV陽性患者様の手術は行っていません。

・ガモン病院
HIV陽性患者様の手術はお受けしていますが、費用が+30%となります。
手術は可能でも血液感染予防のために変更が効くものは全て使い捨て製品に変え、使い終わった物品も通常とは違う滅菌方法を行うので料金は高くなります。

また事前に下記内容資料を送付いただきますようお願いします。
場合によっては、手術による侵襲でHIV発症を引き起こすと判断し、お断りすることもあります。

1.患者様情報用紙(BPHのもの)
2.HIV検査結果
3.血液検査結果(CBC、GOT・GPT・BUN・Creatinine・凝固機能“トロンビン”)
4.現状で免疫抑制剤等、HIV関連の内服薬がある場合その内容

2018/02/10 ガモン病院の費用改定と手術要件改定のお知らせ

この記事を書いた人

JWC横須賀
JWC横須賀
バンコク在住、(株)ジェイ・ウェッブ・クリエーション代表。1997年にバンコクへ移住し、現地工場長を経て2004年に会社設立。現在はバンコクで医療系の情報提供と起業支援を中心に活動中。日本国内で年に2回ほど個別相談会も開催しています。1952年生まれで茨城県水戸市出身、在タイ20年超

お問い合わせ(無料)フォーム

お気軽にコメントや感想をどうぞ ↓

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP