FTMのページを設置してからなのですが、ここ最近若いFTMからの問い合わせが増えました。

中には16歳の方もいて返答に苦慮しています。
受け入れ先のひとつであるヤンヒー病院では18歳以下は不可です。
またガモン・クリニックでは、親権者の同伴が必須条件でOKですが、子宮、卵巣摘出どまりまでしかできません。

気持ちはわかるのですが、慌てずにもう少し自分としっかり向かい合って、学業をしっかりとこなし、日本語をしっかり読み書きできる日本人、そして人間としてしっかりとした人格を作ってからSRSすることが大事ではないかと思っている今日この頃です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

タイSRSガイドセンター公式ブログ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事